スコープドッグを作る

零さんとプラモデル屋さんに行った時、チョイプラという小さいプラモデルを見つけました。
で、そのシリーズにスコープドッグがあったので購入してみました。

大きさは35GACHA-NENと同じくらい。
しかし値段は3倍!高けぇなぁと思いつつ、買ってしまいました(^^;)

で、いつものごとく適当な筆塗り塗装とウェザリングで仕上げました。

今回は作成過程を動画にしました。

で、完成したのがこれ。

ウェザリングは、リアルタッチマーカーとチッピング。
まぁまぁ良いんじゃないでしょうか。

値段がネックですがディティールにこだわった良いプラモデルでした。

35 GACHA-NEN 4台目

35 GACHA-NEN、4代目です。

昨年、追加で2台仕入れてきて、1台はShignaxさんにあげたんでこれが最後の1台です。

35 GACHA-NENって全部で3種類あるらしいのですが、最後の1種類がぜんぜん出ない...
まぁ、またアキバに行った時にでもやってみる。

今回は青竹色(メタリック)という色にしてみました。
で、今回はシルバーでドライブラシもかけました。

メタリック、これはこれで悪くないですね。

普通のプラモデルを作るはちょっと億劫なんですが、これは軽い気持ちで作れるんですよね〜
¥500だし、筆塗りだけでもそれっぽく見えるし、飾る時に邪魔にならないし。

最後の1種類が出たら作るのやめる(^^;)

35 GACHA-NEN 完成

完成しました。
後半、飽きてきて結構テキトーになってきたけどw

たかがガチャガチャのプラモなのに、かなりディテールにこだわってる感じでした。

横山宏さんってモデラーの方が発案したものらしいので、そこらへんのこだわりはスゲェす。

人まで乗ってます。
人の塗装って難しいから嫌い(^^;)

まぁ、全体的にだいたい良い感じにできた気がするのでOKですw

ウェザリングはリアルタッチマーカー、つや消しクリアはMr.COLORの缶スプレーを使いました。

このシリーズ、あったらまたやろうかな。

35 GACHA-NENの塗装

この小さなプラモデルをがんばって塗装しようと思います。

昔、ミニ四駆で使った塗料が少し余ってたのですが、シルバーとガンメタとブラックだけだったので、今回用に購入しました。

「Mr.COLOR」のセールカラー(45)と灰色(607)です。

ちなみに自分、プラモデル(ミニ四駆を省く)作るのなんて小学生以来じゃないかな。

子供の頃はガンダムとかロボタッチとかお城とか、なんかいろいろ作ってました。
近所にプラモデル作るのがむちゃくちゃうまい親戚のお兄ちゃん(年齢が一回りくらい上)がいて、よく教えてもらってたっけ。
ちなみにそのお兄ちゃん、絵もギターもむちゃくちゃうまかったです。
こんな人になりたいと思ったものです。

話が脱線しましたが、塗装は数日かけてやろうと思います。
今日は灰色をベタ塗りできるパーツのみ。

まぁ、だらだら作ろうと思います(^^;)