Buffalo WZR-1750DHP2にDD-WRTを入れてみた

ある日、ルーターの管理画面を見ていたらWi-FIに見知らぬ機器が複数台おった...
もしや相乗りされとるんか...こわっ!

うちのルーターはバッファローのWZR-1750DHP2っていうやつで結構古い。
セキュリティ的にも不安があったので、ぴさんになんか良さげなルーターがないか相談したら、今のルーターにDD-WRT入れればいいんじゃね?っていうことにことになり、今日、やってみました。

ファームウェアをダウングレード(2.31→2.25)しないとDD-WRTがインストールできないらしいので、公式HPからver2.25をダウンロード。
https://www.buffalo.jp/support/download/detail/?dl_contents_id=61657&version=2.25

次にDD-WRTのサイトにあるRouterDatabaseで”WZR-1750DHP”を検索し、buffalo-wzr-1750dhp-webflash.binをダウンロード。
https://dd-wrt.com/support/router-database/

ルーターの管理画面のファームウェアの更新からver2.25にダウングレード。

以下のユーザーで管理画面にログイン。
ユーザー名 : bufpy
パスワード : otdpopypassword

管理画面の【管理】→ 【/cgi-bin/cgi?reg=frm&frm=py-db/firmup.html】をクリック。
ファームウェアを更新できる画面に遷移するので、buffalo-wzr-1750dhp-webflash.binを選択し更新。

これでDD-WRTが入りました。
192.168.1.1で管理画面にアクセスできます。

管理画面の【無線LAN】のRegulatory DomainをJAPANにするのを忘れずに。

設定が多すぎて使いこなせるとは思いませんが、何かしたい時に設定がない!なんてことにはならなさそうです。

作業自体はそんなに大変ではなかったですが、この後、いろんな機器のWi-Fi設定をやり直すのが大変でした...特にIoT機器...

これで当分、運用してみようと思います。