自作露光機

6年前の話ですが、シルクスクリーンの露光機を作りました。
友人に貰った太陽精機の「Tシャツくん」という露光機を使っていたのですが、もう少し大きい版も露光したくなり、いろいろと市販の露光機を探してみました。
でも、どれもこれも高価だったので自分で作ることにした訳です。

20150915_01

版とフレームはTシャツくんのものをそのまんま使える用に、サイズはTシャツくんProの版まで露光できる前提で作成。

材料は以下の通り。

  • 箱を作るための木材
  • アクリル板
  • ブラックライト × 5
  • 蛍光灯ブラケット × 5
  • コード
  • 電源コード
  • アルミシート(シールになってるやつ)
  • キャスター
  • 取っ手ハンドル
  • ネジ
  • スライド丁番

ブラックライトは、「NEC 20形ブラックライト FL20SBL」を使いました。
つたない絵で申し訳ないですが、こんな感じです(^^;)

20150915_03

アルミシートはアクリル板より下の底と側面に貼ります。
コードは蛍光灯ブラケット同士を繋ぐために使用しました。

キャスターと取っ手ハンドルはなくても機能的には問題無いのですが、筐体が木なので意外と重く、あった方が便利だと思います。

20150915_02

僕が作った露光機で、以下の条件だと2分ちょっとで露光完了です。

使うブラックライトの種類、本数、筐体の大きさ、その他もろもろの条件で露光時間は変わると思いますので、上記は目安でしかありません。

露光機を作ろうかと思っている方のお役に立てればと思い、この記事を書きましたが、参考程度でお読みください。
誰がやってもこのやり方で上手くいくかは分かりませんので、あくまで自己責任でお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください