ルイガノちゃん改造プロジェクト 17(完)

長かったルイガノちゃん改造プロジェクトもついに完結です。

最後の仕上げ

バーテープはSUPACAZ。今までいろんなパーツはさんざんケチってきたのにバーテープは良いやつ(^^;)
バーテープは見た目と握り心地に影響するので大事!だと思う。。。

ボトルケージは中華カーボン。結論から言うと軽い(1つが18g、1つが19g)が見た目は最悪。なんか表面がガタガタだし直線であるべきところが直線じゃない(^^;)

結局、どれくらい軽量化できたのか?

1年前、ルイガノをバラす前に測った重量が10.55Kgでした。
この時はバーテープとボトルケージは付いた状態で、ホイールは「Shimano WH-RS100」でした。

で、今回、同じ条件で計ってみたら8.58Kgだったので1.97Kgの軽量化といことになります。
頑張った気がする!

まだ少ししか乗ってないけど思ったこと

さすがにコンポーネントがR2300からR7000に変わって、重量が約2Kg軽くなったので以前とは別の乗り物です。

コンポはAllezのTiagraと比べると、フロントの変速がかなりスムーズになりました。
リアはさほど変わってない気がします。(調整が下手くそ?)
STIはブレーキの握り込んだ時の感じ、変速レバーの押し心地など、体感できるレベルで変わってます。

あと、今回、クランクを165mmにしてみたんですが、割と良いかも。
長距離走らないとなんとも言えませんが、自分の乗り方にはあってる気がします。

作業で難しかったところ

チェーンの長さ決め(^^;)
今回、短く切りすぎて、継ぎ足したのですが、今度は少し長い気がします。
でも、短か過ぎるよりは長い方がマシだということが分かりました。

次はもう少し短くしてみる!

追記 2020/04/13

結局、2コマ?(雄1つ雌1つ)短くしました。
だいたいAllezと同じ感じの張り具合になったのでOKとします。

中華カーボンを使ってみて

まぁ、ピンきりです(^^;)
基本的には精度低いと思います。

今回、精度が低いと思ったところ。

  • ハンドルのエンドキャップが右側だけ入らない
  • ボトルケージの見た目が悪すぎる
  • ステムのネジが何本かむちゃくちゃ入りにくかった
  • そしてカーボンステムなのに軽くなかった
  • フロントフォークのコラムが少し細いのか、クラウンレースがゆるい

まぁ、とはいえ、安いので!
それなりにちゃんとしたものを求める方はお金出してください(^^;)

各パーツの金額

みなさん気になります?
参考までに今回変えたパーツのお値段です。

No部品名備考金額
1ホイールShimano WH-RS10011,688
2ステムPLATT カーボン 17° 90mm3,581
3フロントフォークDocooler カーボン5,500
4コラムプラグMr. CONTROL TK-012SW-50L1,370
5ネジチタン合金 M6 × 20mm690
6ハンドルPLATT カーボン 400mm4,998
7シートポストOPERA カーボン3,599
8サドルOBEST カーボン2,000
9ミッシングリンクKMC CL555R TI-GOLD 11S989
10ダウンチューブケーブルアジャスターTOKEN TK6901,700
11バーテープSUPACAZ3,960
12インナーエンドキャップゴールド524
13ボトルケージカーボン2,998
14STIST-R700019,142
15クランクFC-R7000 52-36T 165mm11,161
16カセットスプロケットCS-R7000 11-30T4,169
17FディレイラーFD-R7000 バンドタイプ4,333
18RディレイラーRD-R70004,458
19ブレーキBR-R70006,500
20チェーンCN-HG901 11S4,067
21BBBB-R91003,824
合計101,160

たいたい10万くらいでした。
まぁ、自分はTポイントとか写真コンテストとかウォーキングイベントとかでゲットしたAmazonギフト券とかを使いまくって¥15,199はお安く買えたので、実際に使った金額は¥8,5961だったんですが。
年間のタバコ代(現在禁煙3年目突入!)よりはかなり安く抑えられたので良しとします(^^;)

最後に

はいっ!1年前の定位置、ローラー台にセットされました(^^;)
サイコンやライト、ベルも取り付けたし、これお外でもローラー台でも走れます。

今回、はじめてバラ完?に挑戦してみて、いろいろ勉強になりました。
Allezも11s化しちゃおうかな(^^;)
でもとりあえず次はポジションについて少しあれこれやってみようと思ってます。

改造プロジェクト インデックス

  1. バラす①
  2. バラす②
  3. タッチアップ
  4. ワックス掛け
  5. クラウンレース(下玉押し)外し
  6. フロントフォーク取り付け
  7. ヘッドキャップのネジ
  8. ハンドルの取り付け
  9. シートポスト、サドルの取り付け
  10. BB、クランクの取り付け
  11. ケーブルアジャスター
  12. カセットスプロケットの取り付け
  13. STIの取り付け
  14. ブレーキの取り付け
  15. ペダルの取り付け
  16. ディレイラー、チェーンの取り付け
  17. バーテープ、ボトルケージの取り付け

ルイガノちゃん ボトルケージを買いに横浜まで行くの巻

横浜のワイズロードに行ってきました。
MINOURAの定番ボトルケージを購入。

ルイガノちゃん、フロントディレイラーがバンド式なので、バンドがジャマしてボトルケージが付きません。
ALLEZもバンド式ですが、ボトルケージを止めるボルトにはじめからスペーサーが付属してたので問題なく付きました。
でも、なぜかルイガノちゃんにはそのスペーサーがなく、困っていたのですが、ワイズロード横浜にはちゃんと売ってました!
そのスペーサー付きボルト!

お店の前で付けて、ゴミを捨ててもらい帰宅。

今日の走行距離は30.8Kmでした。

ちょっと走ってみて思ったこと。
ギアの枚数が少ないのにルイガノちゃんの方が坂道が楽です。
たぶんルイガノちゃんはハンドルが近いので立ち漕ぎした時、楽なんだと思います。
でも、ALLEZの方が平坦は楽です。

ポジションって奥が深いっすねぇ〜

あっ、最近、ALLEZがぜんぜん出てきませんが、ちゃんとローラー台で使われています(^^;)

ボトル関連、ついでにグローブ

ボトルケージとボトル

ボトルケージ、かなり悩みました。
見た目、重量、価格が良いバランスのものを見つけるのに苦労したってだけですが(^^;)

初心者が重量なんて気にするなよって感じかもしれませんが、あえて重いのを買うのも馬鹿馬鹿しいし、かと言ってカーボンのクソ高いやつ買ってもフレーム自体が重いのでアホっぽいし。

で、いろいろ調べて、結局、IBERAの30g超軽量合金ボトルケージってやつにしました。
超軽量合金ってなんだ?ってツッコミどころ満載ですが、見た目も悪くないし、初心者らしい値段だし、これで良いかなと。
いつものようにAmazonで購入。


ボトルは職場近くにあるビックカメラに売ってたCAMELBAKにしました。
「ロードバイク ボトル おすすめ」でググると、やたらこれが出てくるので。
ボトル押したらプシュッって鳴るのが楽しい(^^)

とりあえず安いグローブでがんばってみる

ボトルケージと一緒にグローブも買ってみる。
これも初心者らしい素敵なお値段。


enkeeoのグローブです。
安いのに手のひらにショック吸収剤みたいなの入ってて、見た目も可もなく不可もなく。
しかもタオル地になってて汗もふけるという優れもの!
これでお値段据え置き!
どこの通販やねん!
いや、Amazonです(^^;)

Amazonのおかげで大分とアイテムもそろってきました。
ちなみに自分、Amazonの回し者ではありません。アフェリもやってません。
ただのヘビーユーザーです(^^;)