戴き物

友人Sさんからカメラを戴きました。

実家にあったものらしく、お父上のものだそうです。

実は以前、「RICOHFLEX MODEL Ⅶ」を戴いたこともあります。

では、今回戴いたものをご紹介。

ニコマートFT + Nikkor-S Auto 50mm F1.4

発売は1965年7月で、当時はニコンFの廉価版として作られたものです。
価格は30,000円。ですが、作りはかなり良いです。
まぁ、当時はカメラ自体が高級品だったので、安いって言ってもシッカリしています。

カビは生えてますが、一通り機能しそうな気配。
露出計が死んでそうですが、撮れればOK!

とりあえずフィルム入れてみたので適当なものを撮ってみます。

Nikkor-Q Auto 200mm F4

1961年にニコンFの10本目のレンズとして発売されたらしい。

まったくもって今でも使えそうな感じ。
ちなみにNikkor-Qの”Q”はレンズが4枚構成ということを表してるそうな。(Quarter?)

Nikkor Filter グリーン 52mm。

ニコマートのレンズに付けられるので、使ってみようと思います。
カラーフィルターなんて使ったことない(^^;)

Canon QL17。

発売は1965年3月、レンズ固定式のレンジファインダーカメラ。

残念ながらフィルム送りが壊れてました。
なんか自分、Canonのカメラと縁がないんですよねー
たしか前にCanonのカメラ貰った時も壊れてたんですよ(ToT)

AUX. TELEPHOTO LENS FOR MARKⅡ。

これ、何に使うんでしょうか(^^;)
レンズ内側のカビがすごくて使えなさそうです。
使えたとしてもキャノンのカメラ持ってないんですがね。

Minolta フラッシュガン。

めっちゃかっこいい!が、流石に使うのは無理ですね(^^;)
閃光電球があれば光らせてみたいけど。

やっぱり昔の物は良いですね!
ニコンのマニュアルカメラ、前から欲しいと思っていたので、むちゃくちゃうれしいです(^^)
撮ったらまたアップします!

Sさん、ありがとうございましたm(_ _)m

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください